センチュリー21SEED > 株式会社SEEDのスタッフブログ記事一覧 > 住宅取得資金贈与②

住宅取得資金贈与②

≪ 前へ|住宅取得資金贈与   記事一覧   住宅取得資金贈与③|次へ ≫
カテゴリ:不動産知識

住宅資金贈与


皆さんこんにちは!!センチュリー21SEEDの定保です。

最近、急な雨が多いですね。

なかなか物件の写真が撮れない日々が続きます。

さて、今回は前回の続きで、住宅資金贈与の特例を

受けられる不動産とどんな方が受けられるかをお話ししますね。

まず、特例が受けられる不動産は住宅用の家屋の新築(省エネ住宅等と一般住宅)、

取得又は増改築です。

上記の省エネ住宅等とは以下に該当するものです。

①断熱等性能等級4若しくは一次エネルギー消費量等級4以上であること

②耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上若しくは免震建築物であること

③高齢者等配慮対策等級(専用部分)3以上であること)に適合する

住宅用の家屋であること

になります。


難しい用語があるのですが、環境に配慮された住宅又はバリアフリー住宅と

覚えてくだされば大丈夫かと思います。

そして、省エネ住宅等と一般住宅で非課税限度額が違います。

省エネ住宅等…最大1500万円(個人間売買の場合は最大1000万円)

一般住宅…最大1000万円(個人間売買の場合は最大500万円)

になります。

特例を受けられる方は


…これまた長くなってしまいますので、次回になります。(笑)

大切なご資産をご売却してご子息様に住宅資金援助をお考えの方、

住宅用不動産のご購入をお考えの方はセンチュリー21SEEDと覚えてください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

センチュリー21SEED

名古屋市昭和区鶴舞2丁目7‐6

TEL:052‐825‐4032

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

≪ 前へ|住宅取得資金贈与   記事一覧   住宅取得資金贈与③|次へ ≫

トップへ戻る