センチュリー21SEED > 株式会社SEEDのスタッフブログ記事一覧 > 贈与税とは

贈与税とは

≪ 前へ|雨が降り続きますね   記事一覧   住宅取得資金贈与|次へ ≫
カテゴリ:不動産知識

贈与税



皆さんこんにちは!!センチュリー21SEEDの定保です。

皆様、税金は納税してますか。

消費税や住民税、所得税など…いろんな税金がありますよね。

今回のお題は「贈与税」についてです。

贈与税とは、贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。

贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、

一定の要件に該当する場合に「相続時精算課税」を選択することができます

暦年課税での贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から

基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。

要するに、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。

相続時精算課税をお話しすると長くなるので、割愛させて頂きます。(笑)

住宅取得資金贈与



さて、贈与税と不動産はどんな関連があるんでしょうか。

住宅取得資金贈与という特例がありまして、一定の要件を満たせば、

非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。

ただ、ある期間内に住宅用家屋の取得等にかかる契約を締結することと、

ある条件を満たせば、最大で1500万円の非課税になります。

ある期間内とある条件とは…本日は以上です。(笑)

続きはまた次回です。(笑)

不動産のご売却でお悩みの方、ご購入をお考えの方センチュリー21SEED

までお気軽にお問い合わせください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

センチュリー21SEED

名古屋市昭和区鶴舞2丁目7‐6

TEL:052‐825‐4032

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
≪ 前へ|雨が降り続きますね   記事一覧   住宅取得資金贈与|次へ ≫

トップへ戻る